省エネ運転の実践でどのくらい燃費は節約できるのか

一年くらい前から省エネ運転の実践を始めました。私が省エネ運転を始めた理由としては「地球の環境」に優しくするためという表向きの理由と「燃料費の節約」をしたいという切実な理由とがありました。実際に省エネ運転を実践するのは10年以上の保有しているガソリン車ですから最新の省エネシステムを装備していませんし、もちろんハイブリット車というわけではありません。ですので、省エネ運転の効果は高いということもできます。ちなみに省エネ運転をスタートする前には燃費は大体リッターあたり12キロから13キロといったところでした。
省エネ運転は細かいことを加えればかなり多岐に渡りましたが、主なところではアイドリングストップ、エアコンを出来る限り使わない、スタートとストップを緩やかにする、重量を増やすような荷物を車に積みっぱなしにしないなど誰でも簡単に実践できることを愚直に実行しました。最初のうちはアイドリングストップなどは慣れないので、かなり戸惑いましたがそれも2ヶ月位たつとかなりスムーズに実践することができるようになりました。いまでは省エネ運転をすることが普通の運転方法をなってきたくらいです。
そして、頑張って実践してきた省エネ運転がどのくらいの燃費の向上に繋がったかというと、この期間の燃費はガソリン1リッターあたり15キロから16キロに向上してきました。平均的に言えば2割程度の省燃費が達成できたので、成果は小さくないと言えます。

Comments are closed.